エアコンのドレンホースの掃除方法!水漏れ・虫・ゴキブリ侵入対策

エアコンのドレンホースを定期的に掃除して、エアコンの水漏れ・虫(ゴキブリ等)の侵入を防ぎましょう。

特に水漏れの原因の8割はドレンホースの不具合が原因だと言われています。掃除自体は力がなくてもできる簡単なものなので、ぜひ自分でやってみてください。

> 水漏れが起きたらまずドレンホースの掃除をしましょう!

ドレンホースとは?どのパーツのこと?

ドレンホースとは、エアコン内部に溜まった水を外へと排出する役割を持ったホースのことです。

こういうホース、家の外で見たことありませんか?

(ここにドレンホースの写真をお願いします)

エアコン内部は湿気が強く、よく結露などで水が溜まるのですが、それがこのドレンホースを伝って外に流れているわけです。

ドレンホースが不調だとエアコンの水漏れが起きる!

エアコン内部の水を外に出す役割のあるドレンホースが不調だと、エアコン内部には水がどんどん溜まっていってしまいます。

エアコン内部に溜まった水が許容量を超えると、エアコンの隙間などからじわじわと水漏れが起きてしまうんです。

これが、「エアコン水漏れの原因の8割はドレン」と言われるゆえんです。

エアコンのドレンホース不調の原因は「詰まり」

ドレンホース不調の原因はほとんどの場合「ホースの中が詰まっている」ことです。

詰まっている原因は

  • ホコリやゴミ
  • 何年も掃除していなかった間にできたヘドロ
  • ドレンホースの先がふさがれている

あたりが定番です。

エアコンのドレンホースの調子を直そう

ドレンホースの調子を直すには、

  1. ドレンホースの先端がふさがれていないか確認→ふさがれていたら直す
  2. ドレンホース内部の詰まりを解消する
  3. ドレンホースに虫が侵入しないようにする(予防)

この2つを行います。

ドレンホースの先端がふさがれていない確認しよう

まずは、ドレンホースの先端がふさがれていないか確認します。

ふさがれている、というのは、

  • 先端が地面に埋まってしまっている
  • 先端が地面にくっついてしまっている
  • 泥や石で先端がふさがれてしまっている
  • 先端が上向きになってしまっている(水が排出されない)

上記のようなことを言います。

上記に当て嵌まった場合、配置を変えるか、もしくは先端を数センチ切ってしまいましょう。地面から5センチ以上離れたところに先端がくるよう、ハサミなどで切断します。

ドレンポンプでホース内部の詰まりを解消しよう

ドレンホースの詰まりを解消するには「ドレンポンプ」というアイテムを使えば簡単です。ホームセンターやAmazonで1,000円程度で購入できます。

ちなみに掃除機でもできないことはないですが、ドレンポンプに比べ確実性に欠けますし、いざやるときにかかる労力や時間も全然違ってくるのでドレンポンプをおすすめします。

たった1,000円で一生使えるのですから安いものです。

1.ドレンホースとドレンポンプをつなげる

(写真)

ドレンホースのドレンポンプの先をくっつけます。このとき、ハンドルはポンプの中に挿して置きましょう。

2. ハンドルを引っ張る

(写真)

ハンドルを引っ張ると、ドレンホースの中の詰まりがドレンポンプの中に吸い込まれます。

※ このとき、ハンドルを押さないようにしてください。ホースと繋げたままハンドルを押すと、詰まりが逆にエアコンの方に勢いよく押されてしまいます。故障の原因になるので気を付けましょう。

3. ポンプを外す

(写真)

ホースから、ポンプを外します。

※ このときも、ハンドルは押さないようにします。

4.ハンドルを押して、ポンプに詰まったものを出す

ハンドルを押せば、ポンプで吸い込んだ詰まりが出てきます。

5.1〜4を何度も繰り返す

(写真)

詰まりがなくなる(何も取れなくなる)までこれを繰り返しましょう。

余程詰まっていなければ5 ~ 10分もやれば十分です。

ドレンホースに虫が侵入しないようにしよう

ドレンキャップというのが売っています。1,000円くらいです。

これをドレンホースの先端に装着するだけで、虫が侵入してこない、かつ水は正しく排出させることができます。

ドレンホースの掃除は3ヶ月に1回目安

ドレンホースの掃除は、できれば3ヶ月に1回を目安に行いましょう。

さらに、シーズン始まりとシーズン終わりにも追加でやっておくとベストです。

ドレンホースを定期的に掃除しておくことで、エアコンの調子も良くなり、効率よく部屋の温度を変えたり電気代の節約にもつながります。

ドレンポンプを使えば1回10分もかかりません。ぜひ定期的に続けてみてくださいね。

関連記事