2020年版エアコンの人気ランキング!5畳~8畳におすすめのスペックは?

2020年版エアコンの人気ランキング!5畳~8畳におすすめのスペックは?

パナソニック・三菱などの大手を始め、様々なメーカーから新しいエアコンが発売されています。

しかしカタログスペックを見てみると「能力値」「畳数」「省エネ性能」「APF」など、普段は意識しない言葉が並んでいて、なかなかどれを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、ひとり暮らしの方から家族向けまで、「一般的な一部屋向け」に設計されている5畳〜8畳用のエアコンをランキング形式でご紹介します。

安さ、省エネ性能、その他特徴的な機能を備えたモデルまでバリエーション豊かにご紹介しますので、きっとあなたのお気に入りが見つかるはずです。

2020年最適なエアコンの選び方を確認

まずはエアコン選びで注目するべきポイントを知っておきましょう。

エアコンの種類は?

エアコンの種類

一応説明しておくと、エアコンには「壁掛け」「窓付け」「床置き」の3種類があります。

十数年前までは床置きタイプの冷暖房も珍しくなかったですが、最近はよっぽど古い賃貸以外ではみかけなくなりましたね。

今ではエアコンといえば「壁掛け」タイプのことを指します。今回ご紹介するのももちろん壁掛けタイプです。

エアコンの対応畳数をチェック

すべてのエアコンには「対応畳数」がスペックとして載っています。例えば、こんなもの。

例1 6畳〜8畳
例2 10畳〜12畳

 

「〇畳〜〇畳」と幅があるのはどういう意味なんですか?

この表記には「〜」の左側が木造向けのもの、右側が鉄筋向けのもの、という意味があります。また、暖房の場合、「〜」の右側は2畳分少ない効果しか発揮しません。

つまり、上の例は下記のように読み替えることができます。

例1. 6畳〜8畳
木造(冷暖房)6畳 鉄筋(冷房)8畳 鉄筋(暖房)6畳
例2. 10畳〜12畳
木造(冷暖房)10畳 鉄筋(冷房)12畳 鉄筋(暖房)10畳

 

間違えやすいのでよく覚えておきましょう。広めのリビングとかでない限り、基本的に〜8畳(9畳)くらいものを選んでおけば十分です。

エアコンの能力値(kW)の値は2.5kW以上を目安に

エアコンの能力値
「能力値」というスペック項目もあり、kWという単位で表されています。

これは特定の条件下(風がない、湿度が一定など)で運転させたときの最大出力を表すもので、能力値の数値が大きいほど冷暖房の効果が早く出る、ということになります。

5畳〜8畳の人が選ぶ基準としては、2.5kW以上のものを選ぶといいでしょう。2.5kWあれば10畳まで対応できます。

同じ6畳程度でもリビングには3.5kW以上あったほうがいいと言われることもあります(人の流れが多く温度が変わりやすいため)。が、その分高くなる値段ほどは違いを感じられないのでおすすめはしません。お金に余裕があったら検討する程度でいいでしょう。

エアコンのコンセントの形をチェックする

エアコンのコンセントの形をチェックする
(コンセントが部屋の四隅など難しい場所にある場合のみ)コンセントの形も気にしておきましょう。

エアコンのコンセントは挿す部分がちょっと大きめで独特な形をしているものが多いため、挿される側に余裕がなかったりすると残念なことになります。

ネット上のカタログだとコンセントの形まではチェックできないことが多いです。できれば家電量販店などで実物をチェックしておくのがいいですね。

エアコンの省エネ性能は気にする?

エアコンの省エネ性能
省エネ性能を気にするかどうかは難しいところです。

  • 今の部屋にどれくらい住み続けるか
  • 壊してしまう可能性はどれくらいか
  • 運転時間はどれくらいになるか

などを考慮して、個人個人で決めるのがいいと思います。

省エネ性能をどうやってチェックするかですが、エアコンは「省エネ基準達成率」というのがすべての商品で共通して表示されています。表示は星マークでマックスは星5。カレーライスについてくる唐辛子マークみたいなものですね。

予算目安としては、5〜7万円くらいまでだと星2か3あたりになります。一日中エアコンをつけっぱなしにしているのでなければ星2,3でも十分でしょう。おやすみ・おはようタイマーをうまく使っての節電を心がけたいところです。

エアコンのAPFでも省エネ性能をチェックできる

エアコンのAPF
省エネ性能をチェックするのには「APF」という指標も使えます。APFは1kWあたりの冷暖房能力を数値にしたもので、これが大きいほど省エネ性能に優れています。

ただやはり省エネ性能ばかり見ているとどうしてもたかくなってしまうので、5畳〜8畳の方はあまり気にしなくてもいいのかなと思います。知識程度におぼえておくといいかもしれません。

JISC(日本工業標準調査会)

エアコンの自動掃除機能はつける?

自動掃除機能(自動クリーン機能)がついているエアコンも増えてきました。同じモデルで自動掃除機能の有無の両方を展開している場合もあります。

個人的に、自動掃除機能はつけなくても不要だと思います。

というのも、自動掃除機能は完璧なそうじをしてくれるわけではなく、いいパフォーマンスを維持しようとおもったら結局は自分でフィルターなどのパーツを外して洗う必要があるためです。

また、自動掃除機能があると内部構造が複雑になるため分解しづらく、故障時など業者を入れる際の料金も数万円高くなってしまいます。

自動掃除機能はあくまで簡易的な掃除のみです。どうしても欲しいならもちろんつけていいと思いますが、それよりは数ヶ月に1回でも自分でフィルターを取り外して洗う習慣をつけたほうがエアコンを長く使う上では大切です。

取り付け・取り外しの工賃も考えて

エアコンは工事が必要になるので、その分も勘定にいれておかなければいけません。

今のエアコンが残っている場合 取り外し工賃 10,000〜20,000円
取り付け工賃 5,000円
新規で付ける場合 取り付け工賃 10,000〜20,000円
コンセントがない場合 別途5,000円

相場はだいたいこのくらいになります。業者や家電量販店によって随分かわってくるので、購入前にしっかりと確認しておきましょう。

5畳〜8畳におすすめのエアコンランキング!

ではおすすめのエアコンを何種類かご紹介していきます!

個人的に、自動掃除機能はつけなくても不要だと思います。

というのも、自動掃除機能は完璧なそうじをしてくれるわけではなく、なお、5畳〜8畳用ということで高スペックモデルよりはコスパ重視で手頃な価格のものを多めにピックアップしています。

1位. 日立 スターホワイト 白くまくん|4万円台で買える大手メーカーのエアコン

日立 スターホワイト 白くまくん

料金
43,000円
取り付け・取り外し工賃
購入店舗による
対応畳数
6畳〜8畳
能力値
3.6kW
省エネ基準達成率
100%(星3)
APF
5.8
自動掃除機能
なし

5万円を切る価格で購入できるエアコンです。この価格帯で購入できるエアコンの中では唯一の大手メーカーで、価格を抑えつつ大手メーカーの安心も買いたいという方にはピッタリのモデルとなっています。

室内機が横80cmを着る大きさでコンパクトなのが魅力的。6畳くらいの部屋でもすっきり収まります。おやすみタイマー・おはようタイマー機能も完備しています。

2位. アイリスオーヤマ ルームエアコン|6畳〜8畳タイプでは最安値!

アイリスオーヤマ ルームエアコン

料金
36,750円
取り付け・取り外し工賃
購入店舗による
対応畳数
5畳〜8畳
能力値
2.2kW
省エネ基準達成率
100%(星3)
APF
5.8
自動掃除機能
なし

メーカーにはこだわらないからとにかく初期コストが安いのがほしい、という方にはアイリスオーヤマのエアコンがおすすめ。メーカーにこだわらないとはいっても、安い家電をたくさん作っているアイリスオーヤマなので安心です。

この価格でも省エネ基準達成率の星は3つをキープ。長く使ったとしても電気代は安く済ませられます。

3位. 三菱 霧ヶ峰|選べる3つの除湿モードで夏・梅雨を快適に

三菱 霧ヶ峰

料金
55,290円
取り付け・取り外し工賃
購入店舗による
対応畳数
8畳〜12畳
能力値
2.8kW
省エネ基準達成率
100%(星3)
APF
2.8kW
自動掃除機能
なし

大手メーカーの有名なエアコンで、そこそこスペックの高いものがほしいという方にはこちらを。宣伝でもよく見る霧ヶ峰です。

除湿モードに力を入れていて、部屋の湿度を自分の好みに合わせて3段階で調整できます。特に夏場やムシムシする梅雨時なんかに活躍してくれそう。

また「プレヒート」機能がついているため、エアコン内部に霜がつくのを抑制してくれます。これによって冬でもエアコンがしっかりとパフォーマンスを発揮できるようになっているんですよ。

4位. ダイキン エアコン Eシリーズ|風を直接身体に当てたくない方に

ダイキン エアコン Eシリーズ

料金
60,800円
取り付け・取り外し工賃
購入店舗による
対応畳数
8畳〜12畳
能力値
2.8V
省エネ基準達成率
100%(星3)
APF
5.8
自動掃除機能
なし

風が直接身体にあたると体調を崩しやすいです。それを防ぐため、冷風は部屋の上側へ、温風は足元へ自動で気流を調整してくれるのがこちらのエアコン。

風が体に当たないため、冷え感やだるさが出ることが少なく、非常に快適に温度調整してくれます。使った人はみなさん「あれ?いつのまに快適な温度に……」となるそうです。

5位. パナソニック Eolia|自動クリーン機能が欲しい方に

パナソニック Eolia

料金
56,880円
取り付け・取り外し工賃
購入店舗による
対応畳数
8畳〜12畳
能力値
2.8kW
省エネ基準達成率
100%(星3)
APF
5.8
自動掃除機能
あり

パナソニックのEoliaは、ダニやカビを抑制する自動乾燥・自動クリーン機能が欲しい方におすすめです。

Eoliaは運転終了時に自動的にエアコン内部が40℃以上に加熱されるため、イヤなニオイ・カビ・ホコリをシャットアウト。掃除がまったく不要というわけではありませんが、それでもなにもない機種と比べれば圧倒的に掃除の手間を削減できます。

まとめ

今回は初期コストが安くて済むモデルをランキング上位に持ってきてご紹介しましたが、もうすこし優れた機能がほしいという方は3位〜5位のモデルもかなりおすすめです。いずれも7万円は越さない価格なので、エアコン全体でみたらかなりコスパの高いモデルだと言えるでしょう。

自分がエアコンをどれくらい使うのか考えて、自分似ぴったりなモデルを購入してみてください。

関連記事