エアコンが臭いときの最悪な匂いの原因とは?16度運転と30度運転の違いと解消法。

エアコンが臭いときの最悪な匂いの原因とは?16度運転と30度運転の違いと解消法。

「冷房16度で1時間運転させるとエアコンの嫌なニオイが取れる」

って知っていましたか?

Twitterとかで話題になっていて、「実際に嫌なニオイが取れた!」って人が多いみたいです。

冷房16度運転、聞いたことはあるけど、どうして効果があるのかまでは知らないな。

そうなの?じゃあ今回は冷房16度運転が効果がある理由を解説するね!「なぜ効かない人がいるのか」「なぜ数日経つともとのニオイに戻るのか」についても解説していくよ。

「エアコン冷房16度で匂いが取れる」裏ワザ、皆さんに好評な模様
まずはTwitterで、エアコン冷房16度運転を試してみた人たちの意見を調べてみました。

おおむね好評みたい!!

Twitterでは「全く効かなかった」という意見はほとんどなかったよ。「数日〜数週間で元にもどった」という意見はちらほらあったけど、一時的にでも効果があるのは本当みたいだね。

エアコン冷房16度運転の仕組み:エアコン内部を水洗いしているのと同じ!

エアコン冷房16度運転の仕組み:エアコン内部を水洗いしているのと同じ!
エアコン冷房を16度運転すると、エアコン内部のニオイがつきやすいパーツ「熱交換器」を水で丸洗いしているのと同じ効果があります。

熱交換器にくっついたニオイ成分を洗い流してくれるのでニオイが減る、ということなんだ。

どういうこと?

エアコンのニオイは「熱交換器(アルミフィン)」にくっついている

エアコンから出てくる嫌なニオイは、フィルターを外した先にある「熱交換器(アルミフィン)」というパーツにくっついています。

しかし熱交換器はエアコン内部にあるパーツなので、フィルターの様に自分で簡単に取り外して掃除……なんてことはできません。

そんな「内部にあるパーツ(熱交換器)」を素人でも簡単に洗える方法が「エアコン冷房16度」というわけです。

エアコン冷房16度運転すると熱交換器に結露がたまる→洗浄効果!

エアコン冷房16度運転の仕組みはよく「夏場のコップの結露」に例えられます。

夏場、暑い部屋で冷たい飲み物を飲んでいるとコップや缶に結露がたまりますよね?

あれと同じで、エアコンを最低温度(16度〜18度)で運転し続けるとエアコン内部の熱交換器に結露がたまります。その時にできた結露が、熱交換器にくっついたニオイ成分を吸収してくれるのです。

結露で吸収したニオイ成分はエアコン室外機を通して排出

ニオイ成分を吸収した結露は、「ドレンパン」「ドレンホース」といった排出用の部品を通って、室外機を通して外に排出されます。

なるほど〜。たしかに「エアコン内部を水洗いしている」のと同じだね!効く理由がわかった!

実はメーカーも推奨している方法である事が判明

実はメーカーも推奨している方法である事が判明
この「冷房16度運転」ですが、実はメーカーも推奨している方法である事が判明しています

というか、この方法がTwitterでバズったきっかけが「お客様センターで聞いた方法」をシェアしたツイートだったんです。

▲ これがバズり元のツイート。「ニオイが気になる」とお客様センターに聞いたら推奨された方法らしい

メーカー公認なの!?そりゃ効果あるわけだ!

全てのメーカーが公式に認めているわけではないけど、「ほとんどどのメーカーのエアコンでも効果があるはずです」という見解を示している会社が多いんだよ。

冷房16度運転の具体的なやり方:簡単2ステップでエアコン洗浄!

冷房16度運転の具体的なやり方:簡単2ステップでエアコン洗浄!
冷房16度運転の具体的なやり方を解説します。

とは言っても、やる事自体はものすごく簡単ですよ。

手順1.家中の窓を開け放つ

エアコン冷房16度運転時は、必ず家中の窓を開けておきます。

夏場のコップの例えでもありましたが、エアコン内部に大量の結露を発生させるには「部屋が暑くて、エアコン内部だけ冷たい」状態がしばらく続く必要があります。

冬場はコップに結露は出ないもんね。

窓を閉めて冷房をかけても洗浄効果はありません。必ず窓を開けてください!

手順2.冷房を最低温度&強風で1〜2時間運転する

窓を開けたら、冷房を最低温度&強風の設定で1〜2時間程度運転させます。

エアコン機種によっては最低温度が16度ではなく18度のこともありますが、それでも問題ありません。とにかく「そのエアコンができる範囲で一番冷たくする」のが目的です。

1〜2時間の運転が終わったらエアコンを止めて終了です。

内部にたまった結露が排出されるまで、しばらくは部屋を冷やさないほうがいいでしょう(これも2時間程度)。

窓あけてスイッチ入れるだけだね!

エアコン16度運転は電気代も安いのでとりあえず試してみよう

エアコン16度運転は電気代も安いのでとりあえず試してみよう
エアコン16度運転を1時間回した場合の電気代は約50〜70円程度です。

高いといえば高いですが、エアコンクリーニング業者を入れると1万円程度かかるのでそれに比べれば全然まし。

ニオイでエアコンクリーニング業者を入れる前に、複数回試してみるのは非常におすすめです。

「効果がない」「数日で元にもどった」人がいるのはなぜ?

「効果がない」「数日で元にもどった」人がいるのはなぜ?

仕組みや効果があるのはわかったけど、Twitterみてると「効果なかった」って言っている人もいるよ?

そうだね。一時的に効果があったとしても「数日〜数週間でもとのニオイにもどってしまう」人もいるみたい。

効かない理由①冷房16度運転ではカビを完全に殺せないから

冷房16度運転では、熱交換器にこびりついたカビを完全に殺して洗い流すことはできません。

よって、エアコン内部のカビが原因でニオイが出ている場合はあまり効果がないようです。

対処法:エアコン内部のクリーニングをしよう。業者を呼ぶのがおすすめ

エアコン内部の熱交換器のクリーニングをし、カビを完全に退治する必要があります。

自分で道具を揃えて掃除することも一応できますが、難しくて危険性の高い作業なので基本的にはエアコンクリーニングの業者を呼ぶことをおすすめします。

効かない理由②ニオイの「もと」を経てていないから

カビではないニオイ、例えば「酸っぱいニオイ」「タバコ臭」「雑巾のニオイ」「生乾きのニオイ」「部屋干しのニオイ」なんかは、エアコン内部ではなく室内全体に原因があります。

つまり部屋がそもそもくさいから、いくらエアコン内部を綺麗にしても意味ないってこと……!

そもそもどうしてエアコン内部にニオイがくっつくのかと言えば、「エアコンが部屋の空気を吸い込む時に、部屋のニオイも同時に吸ってしまう」から。

部屋が臭いと、またすぐ部屋のニオイが熱交換器にくっついてしまうんです。

対処法:掃除&除湿運転で部屋のニオイを軽減!

普段からの掃除・心がけが一番大切です。

  • ニオイの強い食べ物を食べた時は換気扇を回す
  • 定期的に消臭スプレーをかける
  • ニオイが残りやすい布製品・寝具はこまめに掃除する
  • なるべく部屋干しはしない、部屋干し用洗剤を使用する

上記のあたりをまずは気をつけて見てください。

それから、部屋の壁や家具こびりついたニオイを取る方法として、「部屋の湿度を60%以上にしてからエアコンの除湿をかける」という方法があります。

なんかまた裏ワザ的なの出てきた!

部屋の湿度が増して水分子が壁や家具に入り込むと、そのぶん、壁や家具に入り込んでいたニオイ分子が押し出されて出てきます。これは水分子とニオイ分子の大きさが同じだからこのような現象が起こるそうですよ。

湿度を60%以上にした後は、除湿をかければ外に出てきたニオイ分子をエアコンで吸い取って排出することができます!

冷房16度運転を定期的に繰り返しつつ、部屋の掃除や心がけ、湿度60%からの除湿を使っていくことが大切だね!

「暖房30度運転」も効くって聞いたけど?

「暖房30度運転」も効くって聞いたけど?
冷房16度運転に似た裏ワザとして、「暖房30度で運転してもエアコンのニオイが取れる」という話もあるようです。

これは元々はためしてガッテンで紹介されていた方法みたいで、「30度の高熱で乾燥させるとカビを殺せるから」という話だそうです。

しかし、こちらはあまり効果は認められないようです。カビを全て殺せるわけではありませんし、もし何%か殺せたとしてもカビの死骸はそのまま残ってしまうからです。

冷房16度ほどの効果は期待しないほうが良さそうですね。

でも、冬にやるなら冷房16度より効果あるかも?

まとめ:エアコンの匂いを退治しよう!冷房16度と普段の掃除を心がけて

エアコンの匂いを退治しよう!冷房16度と普段の掃除を心がけて
エアコンの冷房16度運転は、エアコンのニオイをとるのに有効です。

ただし効かなかったり、数日経つと元に戻ってしまう人もいます。

  • カビ臭い→業者を呼びましょう
  • 元に戻った→部屋の掃除や除湿運転を試してみましょう

数日おきに、複数回に分けてやってみるのも良さそうですね。

関連記事