エアコンの異音が気になる!カタカタ・ゴー・ポコポコ・ガリガリなど音による解決策の違いを解説

エアコンの異音が気になる!カタカタ・ゴー・ポコポコ・ガリガリなど音による解決策の違いを解説

エアコンから異音がしていたら要注意。

カタカタ・ゴーゴー・ポコポコ・ガリガリ…….いろんな音がありますが、それが室内機から出る音であれば基本的には修理が必要かもしれません。

今回は、エアコンの異音の種類から原因と解決策を探る方法を解説します。

エアコンから変な音がする!

大丈夫?エアコンの室内機から音がするのは変だから、しっかりチェックしておこう。音の種類ごとに原因が違うので気をつけてね。

エアコンの異音がうるさい!?実は問題ないものも

エアコンの異音がうるさい!?実は問題ないものも
エアコンで発生する異音は一種類ではありません。

カタカタ・カラカラ・シューシューといったひとまず問題なさそうなものから、ガリガリ・ガッタンといった、明らかに何か問題ありそうな音までいろいろです。

実際、音の種類によってはエアコンが少し強めに動作してしまっているだけのこともあります。音の種類によって原因や、対策の必要あり・なしが異なるので音をよく聞いて見極めていきましょう。

ちなみに、エアコンの室外機から出る音は問題ないことが多いです。

エアコン異音ごとの原因とその解決策

エアコン異音ごとの原因とその解決策

異音の種類ごとの原因と解決策をチェックしましょう!

エアコン室内機で発生する異音

エアコン室内機で普段と違う異音が発生した場合、修理やクリーニングが必要になる場合が多いです。

シューシューシュルシュル|ガスの音なので問題なし!

この音は、よほど大きな音で鳴っていない限り問題ありません。

エアコン冷房はガスの力を使って空気を冷やしているため、そのガスの音が鳴っているだけです。使用には問題ありません。

ただし、昨日まで普通だったのに急に大きくなり出した……などの場合は一度見てもらったほうがいいかもしれません。

ポコポコ|排水ホースの詰まり?

「ドレンホース」という、エアコン内部の水を外に排出するためのホースが詰まっている可能性があります。

ドレンホース用の詰まり取りポンプというのがホームセンターやAmaoznで売っていますので、まずはそれを使って詰まりを取ってみるのがおすすめです。

それでも直らなければ、きちんとした業者に見てもらう必要があります。

カタカタ、ガタガタ|フィルターの取り付けミス?

最近フィルターを洗って付け直したりしましたか?

カタカタ、ガタガタという音はフィルターがうまくはまっていない可能性が高いです。

もう一度、しっかりとつけ直ししてみましょう。

それでも直らなければ、業者に見てもらう必要があります。

ゴーゴー|フィルターが汚い?

フィルターはちゃんと定期的に洗っていますか?

ゴーゴ-と風のなるような音は、フィルターが汚くてうまく風を取り込めないためになっている可能性が高いです。

まずは一度フィルターを取り外してきれいにしてみましょう。それでも直らなければ業者に見てもらう必要があります。

ガリガリ|フィルターかハネに問題あり?

こちらも、フィルターに問題がある可能性が高いです。きちんと付け直してみましょう。

それでも直らない場合、今度はハネの部分(風向きを変えている部分です)をチェックしてみましょう。そこから音が出ていれば、取り付けを直してあげることで改善する可能性があります。

それでも直らなければ業者に見てもらう必要があります。

バキバキ、キシキシ|部品がうまくはまっていない?

部品がうまくはまっていない可能性があります。

これも、自分でチェック・改善できる部位としてはフィルターとハネの部分(風向きを変える部分)になります。

フィルターとハネの取り付けを改善しても音が直らなかった場合は、業者に見てもらう必要があります。

キュルキュル、ヒュー|内部モーターに問題あり?

この音は内部のモーターに問題がある可能性が高いです。これは素人ではどうにもなりませんので、基本的には業者に頼るしかありません。

ただ、業者を呼ぶ前に一応、自分でフィルターを掃除してみるといいかもしれないです。

カサカサ、バサバサ|虫が侵入した可能性?

エアコン運転時にカサカサと音がするのは問題ありません。

しかし、エアコンを全く動かしていないのに音がするのは虫やネズミが侵入した可能性があります。

内部に殺虫剤などを入れようとするのは非常に危険なのでやめましょう。原因の調査も兼ねて業者に依頼するのがおすすめです。

エアコン室外機で発生する異音

エアコン室外機で発生する場合は、ほとんどの場合問題ありません。

シュルシュル、シャー|冷房の音なので問題なし!

冷房を使うときのガスの音なので問題ありません。

プシュップシュッ|運転切替の音なので問題なし!

運転切替のための機械音です。問題ありません。

ガリガリ、ガッタン|何か詰まっているかも?

もし、ガリガリ、ガッタンガッタンと「何かが挟まっているような」大きい音がなっているようであれば注意したほうがいいかもしれません。

実際に何かのパーツが取れてどこかに挟まっているのかもしれませんし、害虫や害獣が入り込んで挟まってしまったのかもしれません。

原因の調査も兼ねて、業者に頼むのがいいでしょう。

エアコン異音修理の値段は?メーカーごとに対応が変わる!

エアコン異音修理の値段は?メーカーごとに対応が変わる!
エアコン修理ですが、メーカーによって保証期間や保証内容が変わるのでまずはメーカーに電話するなどして指示を仰ぐのがよいでしょう。保証対象であれば無料で調査・修理してくれます。

修理に料金が必要ということになれば、メーカー直で修理してもらってもいいですし、他のエアコン修理業者に依頼するのでも構いません。

メーカー直でも民間業者でも、修理の相場は2〜3万円となっています。

とにかくまずはメーカーに相談を!

むだに修理代をかけないためにもこまめなエアコンクリーニングを

むだに修理代をかけないためにもこまめなエアコンクリーニングを
修理代の2〜3万円、安い額じゃないですよね。

こういったトラブルや出費を未然に防ぐためには、日頃からこまめにエアコンを掃除しておくことが重要です。

フィルターを掃除するだけでも構いませんので、最低でも月に1回は掃除してあげましょう。

これまで全然掃除してこなかったという人は、一度エアコンクリーニング業者を入れて徹底的にきれいにリセットしてもらうのもおすすめです。

エアコンクリーニングなら、修理するのに比べてずっと安い値段で引き受けてもらえますよ!

まとめ:エアコン異音は音をよく聞いて対策しよう!

エアコン異音は音をよく聞いて対策しよう!
エアコンに異音が発生したら、音をよく聞いてその原因を特定するようにしてください。

原因によって自分で治せるものも、気にしないでいいものもあります。

自分でよく分からなければ、まずはメーカーに相談を。安い業者を探すのはそのあとでOKです!

関連記事